トヨタとパートナーが燃料電池トラックを導入

トヨタはいすゞ、日野、CJPTと協力
燃料電池小型トラックは2023年に開始

日本では、2023 年初頭から燃料電池の小型トラックが実地試験のために走行します。トヨタ、日野、いすゞ、CJPT が開発に関与しています。

燃料電池を使用したエレクトロモビリティは、特に商用車セグメントにおいて、バッテリー駆動の代替手段としての地位を確立する必要があります。 現在、水素タンクを搭載した車をラインナップに揃えている自動車ブランドは 2 つだけです。 ヒュンダイのネックスとトヨタのミライ。


日本の自動車メーカーは、小型燃料電池トラックにも駆動システムを使用しています。 この新モデルは現在、商用車メーカーのいすゞ、日野、および「Commercial Japan Partnership Technologies Corporation2 (CJPT)」と協力して開発されています。



2023年初頭

最初の車両は、2023 年の初めから、福島県でのテストと東京での社会的プロジェクトの一環として、日本で走行する必要があります。たとえば、水素タンクを搭載した電気トラックを冷蔵ボックスと一緒に使用して、積み替えポイントからスーパーマーケットに食品を輸送できます。 物流輸送では、水素ステーションでの短時間の給油ストップの利点を活用できます。


結論

長時間の再充電が不要な配電用電気トラック: パートナーと協力して、トヨタは、量産の準備が整った水素タンクを搭載した軽量の燃料電池トラックを開発しています。 最初の車両は、2023 年初頭に日本で導入される予定です。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。