スリランカ人女性の死亡をめぐる日本の入国管理局に対する起訴は取り下げられた

日本の検察官は、拘束されたスリランカ人女性の死亡をめぐって、入国管理局に対する訴訟を取り下げています。

この 33 歳の男性は、2021 年 3 月に政府が運営する外国人収容センターで死亡しました。この事件は、国内外で広範な批判と抗議を引き起こしました。

相談後、手続き中断

名古屋地検は、当時の責任者が殺人や後見人としての過失を犯したかどうかを調べるために調査を開始し、死亡に至った.

しかし、現在、検察は、次の高等裁判所との協議の後、 結論に達した刑事責任を問われないこと。 これにより、高官の刑事責任に関する調査が事実上終了します。

昨年8月の入国管理局の報告によると、女性は2017年6月に学生として日本に来ました。 彼女は、2020 年 8 月にビザの期限を超えて滞在したとして逮捕された後、拘置所に収容されていました。

逮捕は、彼女が保護のために警察に家庭内暴力を報告した後に行われました。

収容中に健康状態が急速に悪化し、2021年1月中旬から食欲不振と吐き気を訴えるようになった。

尿検査の結果、2021 年 2 月 15 日、亡くなる 19 日前に彼女が飢えていることが判明しました。 その後、彼女の健康状態は再び急速に悪化し、2021 年 3 月 6 日に死亡しました。彼女は適切な治療を受けることを許されませんでした。

不十分な医療

報道によると、女性は病気で死亡したが、いくつかの要因が彼女の死を引き起こした可能性があり、正確な原因は特定できない.

家族によると、適切な治療を受けていれば死亡することはなかったという。

2021 年 11 月、名古屋地方検察庁は、当時の同局長、スリランカ人女性の死亡の日に拘置所で主任警備員を務めていた人物、およびその他の職員に対して刑事告発を行った。

これに先立ち、2021 年 6 月に、名古屋のある大学の教職員が、彼らの行為が加重遺棄による殺人に相当すると主張して、同じ地方検察庁に機関職員に対して刑事告訴を提出しました。.

また、女性の遺族は日本政府に約1億5600万円(約110万ユーロ)の損害賠償を求めている。 名古屋地裁で係争中である。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。