サッカー – ワールドカップ日本とサウジアラビア – オーストラリアが揺れる – スポーツ

ベルリン (AP) — 日本は 7 回連続でワールドカップの出場権を獲得しました。 アウェイでオーストラリアに 2-0 (0-0) で勝利したことで、「Samurai Blue」は 11 月 21 日から 12 月 18 日までカタールで開催されるワールドカップへの切符を確保しました。

シュトゥットガルトの遠藤航、浅野琢磨(VfLボーフム)、板倉航(FCシャルケ04)、デュッセルドルフ(デュッセルドルフ)の田中青が先発出場した日本人は、終盤にジョーカー薫(89分)が2ゴールを挙げて勝利した。 /90分).+4分)、84分に交代した。

弱体化したオーストラリア人は、ワールドカップの直接チケットのレースに介入できるようにするために勝利を必要としていました. フランクフルターのアジディン・フルスティッチに押され、数少ないチャンスを生かすことができなかった。 サッカールーズが 4 年連続でワールドカップに出場するには、6 月に 2 つのノックアウト マッチに勝つ必要があります。 彼らは、決勝で 3 位のグループ A、現在はアラブ首長国連邦、次に南米の対戦相手と対戦する可能性があります。

日本の勝利により、サウジアラビアはグループBのワールドカップへのチケットを取得できなくなりました。イランと韓国は、アジア予選の他のグループですでにワールドカップへの参加を獲得していました。 開催国に加えて、カタール、スイス、デンマーク、ドイツ、ベルギー、フランス、クロアチア、セルビア、スペイン、イングランド、オランダ、ブラジル、アルゼンチンがワールドカップの参加国としてすでに確定しています。 全部で32チームあります。

© dpa-infocom、dpa:220324-99-654480/3

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。