サッカー – ボールをほとんど持たない感覚: 世界チャンピオンが日本を怖がらせる – スポーツ

Al-Rajjan (dpa) – 試合終了のホイッスルが鳴ってからずっと後、日本のワールド カップの英雄たちは、チャリファ国際スタジアムの青いカーブで祝っていました。 最初にドイツ、次にスペイン:カタールで開催されたワールドカップで、森保一監督のチームは次のサプライズムーブを成功させ、DFBチームをトーナメントから追放した.

スペイン代表に2-1(0-1)で勝利した後、主将の吉田麻也は「サプライズですか? 私にとっては違います」と語った。 したがって、グループの勝利はアジア人に与えられ、スペインもラウンド 16 に 2 位で入っていることは明らかでした。 そして、ドイツはグループの 3 位でスタートする必要があります。

「ますますアグレッシブになってきた」

「勝利をファンに捧げたいと思います」と森保は、フォルトゥナ・デュッセルドルフの2部プロが試合の有名な勝者となった成功の後、語った:田中青. 広々としたインタビューエリアで、約20分間、男性がすべての問い合わせに英語で答えた。 「誰もが奇跡について話しますが、私はそうは思いません。私たちはますます攻撃的になりました」と田中は言いました。

そしてドイツのAus? 「サッカーです」と田中は率直にコメントした。 彼の勝利のゴールは、ボールが事前にゴールラインをほぼ横切ったため、非常に物議を醸しました。 数分間のコントロールの後、グループでの勝利への道を開いた2-1が与えられました。 月曜日(午後4時)、日本は準世界チャンピオンのクロアチアと対戦します。

皮肉なことに、ドイツのプロとしての田中と堂安律は、DFB-エルフを排除しました。 コスタリカ戦での敗戦を数日前に公に謝罪した森保監督は、「チーム全員の共同の努力だった」と語った。 今回は、日本人は防御と反撃に限定されました。 成功しました。 ESPN によると、日本はわずか 17.7% のボール ポゼッション率で、ワールド カップの歴史の中で最もボール ポゼッション率が低かった – 祝賀会の間、田中とその会社は気にならなかった. .

© dpa-infocom、dpa:221202-99-750186/2

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です