サイエンスオリンピアードの日本代表に数少ない学生

近年の詐欺 国際科学オリンピックに参加する女性の割合 日本チームでは、302 人の学生のうち 16 人が約 5.3% しかいませんでした。

これは、数学、化学、生物学、物理学、地理学、情報科学、地学の7つの分野で適切な対策を講じてこの数を増やしたいと考えているJST(科学技術振興機構)の調査結果です。

また、国際的にも女性の割合が低い

地理学と生物学は依然として女性の割合が約 13% と最も高く、物理学とコンピューター サイエンスは参加者がいません。

JST によると、国際的な科学オリンピックでは、数学、物理学、コンピュータ サイエンスなどの分野で、女性よりも男性の参加者が多く、女性の割合は平均 20% 未満です。

また、日本では理系を選ぶ女子学生が少なくなるため、人数だけでバランスが崩れることになります。

女性比率を高める施策

それにもかかわらず、JST の代表者は、予選大会における女子学生の割合を増やし、それによって一般的により多くの女性の割合を確保するための緊急の措置を講じる必要があることを認識しました。

JST は、特に女子校において、より多くの女子学生が理科に興味を持ってもらえるよう、学者による講義やカウンセリングを通じて、これを達成したいと考えています。

山形大学教育社会学教授の川野吟子氏によると、大きな男女格差の主な原因は教育制度と環境にあるとのことです。

男性は基本的に自然科学に適しているという決まり文句が学生の間で強化されないようにすることも、教師の仕事です。

また、参加人数も地域によって異なります。

同時に、JST は、地域によって参加者数が異なるという問題にも取り組みたいと考えています。

都市部では、中等学校が大学入試の準備をより集中的に行っているため、参加者が多くなる傾向があり、それは参加者の数にも反映されています。

一方で、参加者のいない地方県もある。

JST によると、責任ある地元の学校当局は、サイエンス オリンピアードへのより積極的な生徒の参加を促進する必要があります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。