クライミング – ドイツの登山家フローヘは EM の金メダルを望んでいます: 「私が勝つことを信じてください」 – スポーツ

ミュンヘン (AP) – ドイツ最高のクライマーであるヤニック・フローヘは、本拠地ミュンヘンで開催される欧州選手権での活躍を期待しています。

「もちろん、勝つことが私の目標です。勝つことを信じています」と、エッセン出身の 22 歳はドイツ通信社に語った。 2019 年世界選手権の銅メダリストは、8 月 11 日から 18 日までケーニヒスプラッツで開催されるクライミング競技会で、ドイツのファンのサポートを喜んでいます。 「かなりクールになるだろう。こんなに大きなステージはめったにないよ」

フローヘは 6 月にボルダリング ワールドカップでの初優勝を祝いました。 リードでは、ロープクライミングのリードの古典である彼は、最近表彰台を数回逃しました。 「期待はすでに高まっています。もう登りたいだけではありません」とアーヘンセクションのオールラウンダーは語った。 日本の最高の競争相手がいなければ、Flohé は貴金属の深刻な競争相手と見なされています。

ジャーマン アルペン クラブ (DAV) は、ヨーロッパ選手権で合計 20 人の選手でスタートします。 スプリント、ボルダリング、リードの各種目に加えて、2024 年のパリ オリンピックのプログラムの一部でもある新しい複合形式「ボールダー & リード」がミュンヘンで開催されます。 壁でのジャンプ、アクロバティックな動き、または異常な体位は、ハンドルで要求されるレパートリーの一部になりました。

© dpa-infocom、dpa:220808-99-313585/2

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。