カヌー – 第 2 回ワールドカップでの 4 つのオリンピック チャンピオン – 4 つの DKV メダル – スポーツ

ハリファックス (dpa) – ドイツ カヌー協会 (DKV) の旗艦は、カナダのハリファックスで開催されたカヌー レース世界選手権でタイトルを逃しました。

マックス レンシュミット、トム リープシャー、ヤコブ ショップ、東京オリンピックの勝者であるマックス レムケのカヤック カルテットは、1 年前の日本で敗れたスペイン人に次ぐ 2 位に落ち着かなければなりませんでした。

ニコ・ピッカートは、カナダのシングルス 200 メートル以上で銀メダルを獲得しました。 彼は、ポーランドの世界チャンピオン、オレクシー・コリャディッチからわずか 0.10 秒遅れていました。 ジュール ハーケも K1 1000m 決勝の 1 日目にドイツの記録に銅メダルをもたらし、男子 K1 のショップも同じ距離で銅メダルを獲得しました。

経験豊富なセバスチャン・ブレンデルは苦い破産に見舞われました。 3 度のオリンピック チャンピオンは、ティム ヘッカーが 500 メートルを超えて C2 で 4 位に終わりました。 女子C2では、リサ・ジャーン/ソフィー・コッホ組が500メートルで5位、200メートルで4位に入賞。 レナ・レーリングス、キャロライン・アルフト、ポーリーン・ヤグシュ、カタリーナ・ディートリッヒの女子K4は、500メートルで7位を超えませんでした。

ヤコブ・ソードセンもメダルを逃した。 K1 500メートルオーバーでは4位で漕ぎました。 Moritz Adam は 500 メートル以上の C1 レースを 9 位で終えました。

© dpa-infocom、dpa:220806-99-298674/2

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です