オリンピック聖火の販売: 火はどのくらいで消えますか? – 会社

東京オリンピック・パラリンピックの最終決算はこちら。 その結果、Tocog 組織委員会による最新の予算修正は成功しました。 それは、「収入を増やし、支出を絶えず見直す努力のおかげで」バランスの取れた予算を報告しています. 2020年夏から2021年夏へのコロナ関連の延期により、国際オリンピック委員会(IOC)からの補助金、スポンサーシップ資金、および500億円の保険金によって、6,404億円、または44.7億ユーロに相当する費用が賄われました。

パンデミックのために生の観客なしで開催しなければならず、多くの人が事前にキャンセルすることを望んでいた世界的なスポーツフェスティバルとしては悪くありません. Japan AGはまだ素晴らしい仕事をしなければなりませんでした。 もちろん、まだいくつかの問題があります。 例えば、オリンピックのために新設された国立競技場は、将来の使用計画がなく、年間24億円の維持費がかかります。 しかし、これは Tocog よりも納税者にとって大きな問題です。 東京のゲーム メーカーは、座ってリラックスできるはずです。

時事通信社が今報道しているトーチストーリーはどうですか? トーチストーリーは、主に商業的な理由から、最終的に人々に近づきたいと考えている巨大なイベントの名残の 1 つです。 オリンピックの数週間前、いつものように、開会式では開催国であるギリシャのオリンピアにやってきたオリンピックの聖火を運ぶリレーレースが行われました。 壮大なジェスチャー。 人間性への賛美。 独占スポンサーのショー。 Tocog は特製の松明をレーサーや地方自治体に記念品や展示品として販売しました。 Tocog は、約 10,000 個のアルミニウム トーチを取り除きました。 単価:71,940円、約500ユーロ。 転売禁止でした。 Tocog によると、これは各購入者が署名しなければならなかった契約書に記載されている内容です。

しかし、禁止は適切に機能しません。 たいまつがインターネットのフリーマーケットに登場するようになりました。 ジャンク・バッドとしての東京大会の独占証言。 それとも普通? オリンピック聖火が家にうまく収まらず、照明としてもシガーライターとしても適していないという事実は、時間の経過とともに明らかになります。 他の人は明らかにお金を考えていました.IOCは時々そうしています. 6月中旬、インターネットで松明が125万円で売りに出された。

Tocog は怒っており、オンライン プラットフォーム オペレーターに、提供する可能性のあるオリンピック聖火をリストから削除するよう求めています。 大会組織委員会の関係者によると、「合意に基づいて松明が取り扱われることを望んでいる」と語った。

とにかく、消火活動はあまりうまくいっていませんでした。 少なくとも125万円の開始価格はあまりにも楽観的であることが判明しました. 最終的にトーチは56万円で落札されました。 それが呼ばれたように、「最後のハンドオーバー」のように。 かつてオリンピックの聖火を燃やした物体としては本当に恥ずかしい。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。