エミール・リンドホルムがWRC2 / WRCの新チャンピオンに

フィンランドのエミール リンドホルム (シュコダ ファビア ラリー 2 evo) は、ラリー ジャパンで世界選手権が終了する直前にスピンしたにもかかわらず、WRC2 チャンピオンであり、表彰台はシュコダの手にしっかりと握られています。

Skoda Motorsport がサポートするドイツのチーム Toksport WRT は、WRC2 の総合チーム分類で 1 位と 3 位を獲得しました。 イタリア人マウロ・ミエーレ(シュコダ・ファビア・ラリー2 evo)が、アーミン・クレマーをわずかに引き離して、初めて授与されたWRC2マスターズカテゴリーでタイトルを獲得しました。 フィンランド出身の元F1ドライバー、ヘイキ・コバライネン(Skoda Fabia Rally2 evo)は、初の世界選手権ラリーで総合10位、WRC2クラスで4位に終わった。

Emil Lindholm (Skoda Fabia Rally2 evo) は、新しい WRC2 ドライバーズ ワールド チャンピオンです。 彼はトクスポート WRT チームメイトのアンドレアス ミケルセンに代わって、FIA 世界ラリー選手権の「第 2 部門」のチャンピオンになります。 ミケルセンが総合 2 位、カジェタン カジェタノヴィッチが総合 3 位で、シュコダのドライバーが WRC2 ドライバーズ チャンピオンシップの上位 3 位を占めています。 Skoda Motorsport がサポートする Toksport WRT チームが WRC2 チーム チャンピオンシップを獲得し、シュコダ ドライバーのマウロ ミーレが WRC2 マスターズ カテゴリーでタイトルを獲得しました。

2 人のシュコダ ファビア ラリー 2 evo ドライバーは、日本での FIA 世界ラリー選手権のフィナーレを開始し、土壇場で今シーズンの WRC2 リーダーであるアンドレアス ミケルセンを 1 位から追放する可能性がありました。

リンドホルムと彼のコ・ドライバーであるリータ・ハーマイネンは、WRC2 のランキングで最初から首位に立った。 彼らのToksport WRTチームメイトであるサミ・パヤリ/エンニ・マルコネンは、金曜日の1つのステージで一時的にリードを奪いました。 2 人のフィンランド人クルーは、日曜日の朝でもカテゴリーを支配していました。 大雨がすべてを変えるまで。 パヤリ/マルケネンは、この非常に困難なコンディションで間違ったタイヤを選択したため、多くの時間を失い、2 位になりました。 ついにWRC2で5位に入賞しましたね。 最後から 2 番目のステージで、リンドホルム/ハマライネンは、シュコダ ファビア ラリー 2 evo のスピンを損傷することなく生き残りました。 しかし、彼らは1分以上を失いました。 その後、リンドホルムは速度を落とし、リスクを減らしました。 フィンランド人はWRC2で3位でフィニッシュラインを通過し、リンドホルムがドライバーのタイトルを獲得するのに十分でした. 彼のコ・ドライバーであるリータ・ハマライネンは、WRC2 コ・ドライバー部門でタイトルを獲得しました。

これはリンドホルムにとってシーズン2度目のタイトルであり、すでにWRC2ジュニアで優勝しています。 「この成功を消化するには、おそらく時間がかかるでしょう。 私たちの背後には困難な時期があります。 サポーターの皆様には大変感謝しております。 あなたの自信はついに報われたようです」とヘルシンキ出身の 26 歳はコメントしました。 リンドホルムは、トクスポート WRT チームメイトのアンドレアス・ミケルセンの後を継いで WRC2 チャンピオンになりました。 ノルウェーの現チャンピオンは、決勝までに自己最高の 7 回のラリーに出場したため、ラリー ジャパンを欠場しなければなりませんでした。

Kajetan Kajetanowicz にとって、WRC2 ドライバーズ タイトルのレースはわずか 2 ステージで終了しました。 元欧州チャンピオンでコ・ドライバーのマチェイ・シュチェパニアックは、壮観な伊勢神トンネルの出口で壁に激突した。 その結果、Team ORLEN の Skoda Fabia Rally2 evo は損傷が大きく、現場で修理することができませんでした。 「この段階ではリスクを取りすぎたのかもしれない。しかし、チャンピオンシップを争っているときには、リスクを負わなければならない。今日は不運だった」とカジェタノヴィッチは語った。 「それでも満足している。WRC2ドライバーズチャンピオンシップで3位になった。小さなチームにとって非常に良い結果だ」

これまでのシーズンでミケルセンとリンドホルムが獲得したポイント、そしてラリージャパンでリンドホルムとパヤリが獲得したポイントは、シュコダ モータースポーツが支援するトクスポート WRT チームの WRC2 チーム順位でタイトルを獲得しました。 ニュルブルクリンクの近くに拠点を置くチームの2番目のチームは、チームランキングでシーズンを3位で終えました。

2022 年に新設され、50 歳以上のドライバー向けに設けられた WRC2 マスターズ カテゴリーのタイトルも、Skoda Fabia Rally2 evo のドライバーに与えられました。 イタリア人のマウロ・ミーレとコ・ドライバーのルカ・ベルトラーメは通常、カスタマーチームのシュコダ・ドリーム・ワン・レーシングでシリーズに参戦します。 物流上の理由から、彼らはラリージャパンのためにトクスポート WRT に切り替え、すぐにクラス 3 の勝利を祝いました。 これはまさに、WRC2 で 5 勝しているにもかかわらず、シュコダのドイツ人ドライバー、アーミン クレマーをランキングのトップから押し上げた結果です。

元F1ドライバーも印象的な走りで話題を呼んだ。 2008 年のグランプリを制したヘイッキ コバライネンは、ラリーの初心者ではありません。 41 歳のフィンランド人は、アイセロ チームのシュコダ ファビア ラリー 2 evo でコ・ドライバーの北川佐江と共に日本選手権で優勝しました。 FIA世界ラリー選手権への初参戦で、クルーはWRC2で4位、総合10位でフィニッシュした。 「なんて素晴らしい経験でしょう!今後ももっと頻繁にやりたいと思います」とコバライネンは到着時に喜びました。

リザルト ラリージャパン(WRC2)

1. ミュンスター/ルカ (LUX/BEL)、ヒュンダイ i20 N ラリー2、2:51.41.1 時間
2. スニーネン/マルクラ (FIN/FIN)、ヒュンダイ i20 N Rally2、+21.6 秒
3. Lindholm/Hämäläinen (FIN/FIN)、Skoda Fabia Rally2 evo、+34.8 秒
4. コバライネン/北川 (FIN/JPN)、Skoda Fabia Rally2 evo、+1 分 09.1 秒
5. Pajari/Mälkönen (FIN/FIN)、Skoda Fabia Rally2 evo、+1m 10.0s
6. ジョンストン/キフラニ (アメリカ/アメリカ)、シトロエン C3 ラリー2、+3 分 02.7 秒

ラリー回数:11回

シュコダのクルーは、WRC2 で争われた 16 のステージのうち 11 で最速でした。 エミール・リンドホルム/リータ・ハマライネンが7勝、フィンランドの同胞であるサミ・パヤリ/エニ・マルコネンが3勝。 新WRC2マスターズチャンピオンのマウロ・ミーレとコ・ドライバーのルカ・ベルトラーメがシーズン最終ステージを制した。

最終的なWRC2ドライバーの分類(13回のラリー後の上位5位)

1. Emil Lindholm (フィンランド)、Skoda Fabia Rally2 evo、116 ポイント
2. Andreas Mikkelsen (NOR), Skoda Fabia Rally2 evo, 109 ポイント
3. Kajetan Kajetanowicz (POL), Skoda Fabia Rally2 evo, 104 ポイント
4. Yohan Rossel (FRA)、Citroën C3 Rally2、98 ポイント
5. Nikolay Gryazin (ANA), Skoda Fabia Rally2 evo, 85 ポイント

WRC2ファイナルチーム(13戦後の上位3チーム)

1.トクスポートWRT、188ポイント
2. ヒュンダイ モータースポーツ N、182 ポイント
3. トクスポート WRT2 159点

WRC2-Juniorの最終順位(13戦で上位3位)

1. Emil Lindholm (フィンランド)、Skoda Fabia Rally2 evo、136 ポイント
2. Nikolay Gryazin (ANA), Skoda Fabia Rally2 evo, 104 ポイント
3. クリス イングラム (GBR)、シュコダ ファビア ラリー 2 エボ、92 ポイント

WRC2マスターズファイナル(13戦上位3名)

1. マウロ・ミーレ (ITA)、Skoda Fabia Rally2 evo、129 ポイント
2. アーミン クレマー (DEU)、シュコダ ファビア ラリー2 evo/ シトロエン C3 ラリー2、125 ポイント
3. ジャン-ミシェル ロー (フランス)、VW ポロ GTI ラリー 2、95 ポイント

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です