エネルギー価格の高騰により、日本の輸入は過去最高を記録 | 新着

東京(ロイター) – 円安とエネルギー価格の高騰により、日本の輸入は過去最高を記録しています。

財務省の数字が水曜日に示したように、彼らは7月に760億ドル(10.2兆円)に達し、予想よりも47.2%増加しました。 輸出は17カ月連続で19%増にとどまったものの、貿易赤字は1兆4400億円に拡大。 実質の輸出国である日本が対外貿易で赤字を示したのは、12 か月連続でした。 2015 年 2 月以来、最も長い期間でした。円が前年比で 23% 下落したことで、輸入コストが上昇したことがデータで示されました。

「世界的な景気の引き締めにより、輸出は上向くと予想される 金融政策 景気後退は、企業の投資意欲を低下させる可能性がある」と、農林中央金庫総合研究所の南武チーフエコノミストは述べた。 「輸出主導型の日本の経済は、世界的な減速への懸念から、今年後半から来年初めにかけて減速するだろう。

(梶本哲志と小宮勘太郎による報告、Klaus Lauer による執筆、Kerstin Dörr による編集 – ご質問がある場合は、berlin.newsroom@thomsonreuters.com (政治および経済) または frankfurt の編集チームにお問い合わせください。newsroom@thomsonreuters .com (ビジネスおよび市場向け)。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。