アンドレア・ドヴィツィオーゾ: 「ヨーロッパ人は彼らがどれだけ優れているかを示している」/ MotoGP

シルバーストンでは、ヨーロッパのメーカーが MotoGP カテゴリーを独占しました。トップ 6 にランクインしたのはドゥカティ、アプリリア、KTM だけでした。WithU ヤマハのライダー、アンドレア・ドヴィツィオーゾにとっては驚きではありませんでした。

アンドレア ドヴィツィオーゾは、9 月 4 日のミサノでのホームレースで 20 年間の GP キャリアの終わりに直面しています。 36 歳のイタリア人は、ホンダ、ヤマハ、ドゥカティの「プレミアム クラス」に参戦し、昨年はアプリリア RS-GP を合計 9 日間テストしました。

「ドヴィ」は、MotoGP で 14 勝し、ドゥカティでマルク・マルケスだけが破った 3 連覇と、最も成功した時間を過ごしました。 昨年9月のヤマハのカムバックはうまくいかなかった。

一方、ボルゴ・パニガーレのイタリア人メーカーは、ペッコ・バニャイアと共に日曜日のシルバーストーンで優勝しました。 それだけではありません。4 人のドゥカティがトップ 5 に入り、アプリリアのマーベリック ビニャーレス (2 位) と KTM のミゲル オリベイラ (6 位) がトップ 6 に入りました。

現時点では、ヨーロッパのメーカーは単純に日本よりも強いのでしょうか? 「それは明らかだ。今からというわけではない」とドヴィはきっぱりと言った。 「この5、6年で変化が始まったと思います。 それは明確だ。 欧州メーカーの構造は、日本のメーカーとは全く異なります。 ヨーロッパ人がどれだけプッシュするか、どれだけのリスクを冒すか-それは日本人とはまったく異なります。 それはMotoGPを完全に変えました、それは確かです。 しかし、今年からではありません。」

しかし、名高い MotoGP ライダーのタイトルは、ここ数年、日本人の手に留まっています。 「日本人のベースはさらに優れていると思います。しかし、ベースだけでは十分ではありません。完全なパッケージが必要です」とドヴィツィオーゾは指摘しました。

では、日本のメーカーは考え方を変えるべきでしょうか? 「確かに」と、ベテランイタリアンは納得。 それが、ドヴィツィオーゾがヤマハでやりたいことができなかった理由の一部だったのですか? 「状況を変えようとして、自分が望んでいた方法で仕事をすることができなかった。しかし、彼らと話をすると、そして私たちは多くのミーティングを行ってきた.それはできますが、それはできません。」

Dovi 氏は次のように続けています。 何よりチームの構造とその背後にあるものが違います。 日本のメーカーは多くの勝利を収めてきましたが、彼らには歴史がありますが、現時点ではこれがオートバイのトップ クラスで見られる発展です。 »

しかし、日本人は過去2年間でコロナ制限の影響をより受けましたか? SPEEDWEEK.comの取材に対し、ドヴィツィオーゾは「要点は制限ではなくメンタリティだと思う」と答えた。 「確かに、役割を果たすものは常にたくさんあります。 「これはあなたがしなければならないことです」と言うのは間違っています。 私はそのタイプではありません。 しかし、それは間違いなくメンタリティの問題であり、それが彼らが誰よりも多く勝った理由でもある.「しかし、日本人の反応はヨーロッパ人の反応とは異なる.」

MotoGP の結果、シルバーストーン (8 月 7 日):

1. ペッコ・バニャイア (I)、ドゥカティ40分10秒260で20周
2. マーベリック VI
いいえビール (E)、アプリリア、+0.426 秒
3. ジャック・ミラー(オーストラリア)、ドゥカティ、+0.614
4.エネア・バスティアニーニ(I)、ドゥカティ、+1.651
5.ホルヘ・マルティン(E)、ドゥカティ、+1.750
6.ミゲル・オリベイラ(P)、KTM、+2.727
7. アレックス・リンス (A)、鈴木、+3.021
8. ファビオ・クアルタラロ (F)、ヤマハ、+3.819
9. アレックス・エスパルガー
(E)、アプリリア、+3.958
10. マルコ・ベッツェッキ (I)、ドゥカティ、6,646
11.ブラッド・バインダー(ZA)、KTM、+7.730
12. ルカ・マリーニ (I)、ドゥカティ、+13.439
13.中上貴明(J)、ホンダ、+13.706
14. エスパーガル・ポール
(E)、ホンダ、+13.906
15.フランコ・モルビデリ(I)、ヤマハ、+16.359
16. アンドレア・ドヴィツィオーゾ (I)、ヤマハ、+20.805
17. アレックス M.
arquez (E)、ホンダ、+21 099
18.レミー・ガードナー(AUS)、KTM、+24.579
19. ステファン・ブラドル (右)、ホンダ、+28.773
20.ダリン・バインダー(ZA)、ヤマハ、+33.653
21.ラー
あなたlシダandez (E)、KTM、+35.601
22. ファビオ・ディ・ジャンナントニオ (I)、ドゥカティ、+36.460
–Joan Mir (A)、鈴木
– ヨハン・ザルコ (女性)、ドゥカティ

20のグランプリのうち12の後のライダーのためのMotoGP世界選手権:

1.クアルタラロ180点。 2 AleixEspargaró1583 Bagnaia 131 4 Bastianini 118 5 Zarco 114 6 Miller 107 7 Brad Binder 98 8 Rins 84 9Viñales82 10 Oliveira 81 11 Mir Mir 77th 13th Bezecchi 61st 14th Marquez 60th 15th 15th 15thEsparó17thMarquez 27 26日 20日 ディ・ジャンナントニオ 18日 .21 ダリン・ビンダー 10 22 ドヴィツィオーゾ 10 23 ガードナー 9 24 ラウル・フェルナンデス 5

コンストラクターズチャンピオンシップ:
1. ドゥカティ 271 ポイント。 2. ヤマハ 180. 3. アプリリア 175. 4. KTM 131. 5. スズキ 110. 6. ホンダ 88.

チームワールドカップ:
1. アプリリア レーシング 240 ポイント。 2. Ducati Lenovo Team 238. 3. Monster Energy Yamaha 206. 4. Prima Pramac Racing 195. 5. Red Bull KTM Factory 179. 6. Suzuki Ecstar 161. 7. Gresini Racing 136. 8. Mooney VR46 Racing 117. 9. Repsol Honda 102位 10位 LCR Honda 72位 11位 WithU Yamaha RNF 20位 12位 Tech3 KTM Factory 14位

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。