もてぎFP1:ドゥカティが2倍、マルク・マルケスが6位 / MotoGP

ドゥカティ レノボ ファクトリー ライダーのジャック ミラーは、もてぎで金曜日の唯一の MotoGP セッションで目標タイムを設定しました。 アラゴンの優勝者であるエネア・バスティアニーニは、転倒により暫定トップ10入りを逃した。

アルゼンチン GP に先立つ物流上の問題の後、アラゴン グランプリとモテギの間のタイトなマージンを考慮して、2019 年以来最初の日本 GP のスケジュールは、予防措置として 6 月に調整されました。現地時間午後1時15分。

MotoGP エースは、唯一の金曜日の練習セッションのためにライトが青に変わる前に、午後 3 時 5 分 (CEST 午前 8 時 5 分) まで待たなければなりませんでした。 彼らはそうするのに75分かかりました。 モビリティリゾートもてぎの上空は曇りでしたが、4.801kmのコースは気温26度、アスファルト温度28度のドライコンディション。

最初の 20 分を過ぎると、ファビオ クアルタラロが 1 分 45 秒 807 で首位に立ち、2019 年のマルク マルケスのポールタイムである 1 分 45 秒 763 をわずかに上回った。 ワールドカップのリーダーは、木曜日にすでにこれを疑っていました。 「ライダーもバイクも少しは改善されたと思うからです。リアのライド ハイト デバイスを実際に感じることができるルートの 1 つです。」

ただし、ツインリンクでのラップ記録 (左ターン 6 回、右ターン 8 回、最長ストレート 762 m) は 2015 年以来 1:43.790 分であり、2014 年の MotoGP のレースラップ記録は 1:45.350 分です。ホルヘ・ロレンソがドライブ。

30 分後、赤い十字の付いた白い旗が示されました。 滴が空から短時間落ちました。 しかし、雨は強くなりませんでした。

残り 35 分で、アレックス リンスが新しいソフト タイヤで最初にコースを離れ、1 分 45 秒 738 でリードを奪いました。 しかし、彼の GSX-RR の背中にある新しい「ポケモン」ウィングは、彼の最高のスプリットタイムよりも印象的でした。

第 2 四半期の場所を早期に探す

土曜日は雨が予想されていたので、終了の30分前にリアのソフトタイヤがますます使用されました。 Pramac-Ducati ライダーの Johann Zarco とアプリリアの先頭に立った Aleix Espargaró が 1:45 という低タイムで交互に 1 位を獲得しました。 一方、HRCジョーカーの長島哲太はターン11でクラッシュ。

残り20分で、クアルタラロは1分45秒029でタイムシートのリードを取り戻した。 しかし、リードは長くは続きませんでした。アラゴンの勝者であるエネア バスティアニーニは、その少し後に 1 分 44.978 分で 1 分 45 秒台を下回り、この日の最初のタイムを記録しました。 終了12分前、リンスは次の「タイムアタック」を開始し、1分44秒913で暫定1位となった。

しかし、最後の数分は最初の予選セッションのように感じました。Ducati ファクトリー ライダーのジャック ミラーは、残り 5 分で 1 分 44 秒 509 をマークし、競争から離れました。

その後、マルク・マルケスはミラーマークから 0.147 秒以内に到達しました。 バスティアニーニは終了から 3 分後のターン 5 でクラッシュしました。

同じくメルセデス・ベンツのドライバー、ペッコ・バグナイアがミラーに次ぐ2位、クアルタラロが3位だったが、ザルコはターン7で次のイエローフラッグを出した。ダリン・ビンダーもターン5でクラッシュした。

それにもかかわらず、フィニッシュにはいくつかの改善がありました。世界選手権で 3 位のアレイシ エスパルガロは 4 位に上がり、VR46 ドゥカティ ライダーのルカ マリーニも 5 位に上がりました。 6位。 .

Red Bull KTMファクトリーライダーのブラッド・ビンダーとミゲル・オリベイラの2人、そしてアプリリアのライダーであるマーベリック・ビニャーレスがトップ10入り。 ただし、自宅でGPを継続できるかどうかは、別の健康診断後にのみ決定されます。

注目すべき点: トップ 4 の差はわずか 0.068 秒で、19 人のドライバーの差は約 0.9 秒です。

MotoGP FP1結果、もてぎ(9月23日):

1. ミラー、ドゥカティ、1:44.509 分
2. バニャイア、ドゥカティ、+0.028秒
3.クアルタラロ、ヤマハ、+0.049
4. アレックス・エスパルガロ、アプリリア、+0.068
5.マリーニ、ドゥカティ、+0.136
6. マルク・マルケス、ホンダ、+0.147
7.ポル・エスパルガロ、ホンダ、+0.169
8.ブラッド・バインダー、KTM、+0.226
9.オリベイラ、KTM、+0.234
10. ビニャーレス、アプリリア、+0.288
11. ザルコ、ドゥカティ、+0.289
12.中上、本田、+0.377
13.リンス、鈴木、+0.404
14. バスティアニーニ、ドゥカティ、+0.469
15. マーティン、ドゥカティ、+0.500
16. モルビデリ、ヤマハ、+0.556
17.クラッチロー、ヤマハ、+0.678
18.ダリン・バインダー、ヤマハ、+0.857
19.ベゼッキ、ドゥカティ、+0.917
20. アレックス・マルケス、ホンダ、+1091
21.ラウル・フェルナンデス、KTM、+1,230
22.長島、本田、+1336
23.ガードナー、KTM、+1.482
24. ディ・ジャンナントニオ、ドゥカティ、+1.856
25.津田、鈴木、+2209

Takagi Toshiko

「熱心なコミュニケーター。一般的なアルコール ファン。受賞歴のあるライター。ウェブ オタク。情熱的な音楽の実践者。邪悪なポップ カルチャーの伝道者。旅行の第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。