もてぎのスズキ:津田/MotoGPの別れのためのワイルドカード

シーズンの終わりに、スズキはMotoGP世界選手権から撤退し、さよならとして、地元のヒーローが日本のホームGPで再び使われることになる.テストライダーの津田拓也は茂木にワイルドカードの割り当てを行う.

スズキ エクスター チームは月曜日、津田卓也が9月23日から25日までの日本GPでワイルドカードになることを発表した。 日本人ライダーと共に、チームは、メーカーがシーズンの終わりにMotoGP世界選手権に別れを告げる前に、過去数年間プロジェクトをサポートしてくれたすべてのファンと顧客に感謝したいと思います.

スズキのプロジェクトマネージャーである佐原真一氏は、「津田卓也はテストライダーとしてGSX-RRの開発に長年携わっており、2020年のタイトル獲得を含め、スズキのMotoGPプロジェクトの成功に多大な貢献をしてくれました。津田選手は、日本に帰国したこの特別で温かい観衆の前でのドライブを楽しんでいます. 佐原選手は、ワイルドカードの使用を開発の終わりと見なし、「スズキの将来の量産のために技術を返すつもりです」と強調した.

鈴鹿8耐で何度も表彰台を獲得した39歳の津田は、2015年からスズキMotoGPプロジェクトのテストライダーとして参加。2017年スペインGPでアレックス・リンスの後任としてプレミアクラスデビューを果たした。 彼はレースを17位で最後に終えました。

今回、津田は GSX-RR について次のようにコメントしています。 テストライダーとして開発に携わったGSX-RRで、スズキのMotoGPライダーの活躍を長年見てきました。 今はバイクに乗って日本のファンの前でGSX-RRを走らせるのがとても楽しみです。 このレースが私たちの発展の頂点となるように最善を尽くします。」

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です