ますます多くの旅行代理店が日本への旅行を提供したくない

6月10日以降、日本は特定の条件の下で再び観光客の入国を許可しましたが、これにより、旅行代理店はもはや日本への旅行を提供したくないことが保証されています. その理由は膨大な労力であり、特に中小企業にとっては管理が困難です。

日本政府がとった措置は旅行業界に怒りを引き起こし、多くの日本の旅行業者は外国人観光客向けの旅行を企画する計画を断念しました.

多幸感の後に幻滅が続く

日本の首相が 5 月 26 日に外国人観光客の入国を再開すると発表したとき、旅行代理店、ホテル、レストランはすべて陶酔感に包まれました。 しかし、制限はすぐに知られるようになりました。 たとえば、98 カ国からの観光客のみが入国を許可され、すべての人にビザが必要です。

この制限により、特に国内外の旅行会社からの情報提供依頼が殺到しています。

日本の会社関係者は「外資系の旅行会社が​​自発的にツアー参加者を募集していたので、ビザが必要だと知って戸惑った」と語った。

パンデミックが発生する前は、68 か国からの観光客がその国を訪れるのにビザは必要ありませんでした。

闇に取り残された旅行代理店

また、多くの海外旅行代理店は、ビザを申請するために最初に旅行者のデータが必要であることを認識していませんでした. システムに入る 木曜日の真夜中にのみライブになった必要があります。

韓国の旅行代理店は、今月後半に日本への旅行を手配するという希望は、手続きのために打ち砕かれ、7月まで旅行を手配することができなくなると述べた. ソウルの日本大使館との接触も失敗した。

日本政府観光局が先週火曜日に発行したガイドラインによると、外国人観光客はマスクを着用し、コロナ感染が発生した場合の医療費をカバーする保険に加入することをお勧めします。

官僚の怪物

旅行前に、旅行者は旅行代理店との間で規則の受諾宣言に署名する必要があります。 旅行中、旅行代理店は、参加者がどこに旅行したか、どの公共交通機関を利用したかなどを記録する必要があります。

そのため、特に小規模な旅行代理店では、必要な労力を負担するのが難しいため、多くの人が日本旅行をまったく提供しないことに決めました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。