これらの動物は病原体を持ち込む

気候変動の過程で、長い間南国にのみ生息していたドイツ原産の種がますます増えています。 これには、蚊やマダニが含まれます。 問題は、害虫が伝染する病気も害虫とともに移動することです。

長い間、ドイツでは蚊に刺されることは主に厄介なものでした。今では命にかかわることもありますが、非常にまれなケースです。 ロバート コッホ研究所 (RKI) がアフリカで発生したウイルスの感染を最初に報告してから 3 年が経ちました。 ウエストナイルウイルス 伝染のためにドイツの病気の人々に記録されています 在来の蚊 戻ってきた。 2020年に初めて死亡者が記録されました。今シーズンがどうなるかはまだ予測できません。

いずれにせよ、1 つだけはっきりしていることは、西ナイルウイルスがドイツの蚊の中で冬眠できるようになったことです。 経由で人に感染することもある 輸血. 病原体はすぐに、より大きな季節的な病気の波を引き起こす可能性があります。 このような集団発生は、南ヨーロッパおよび南東ヨーロッパの国々で何年も発生しています。

ここ数年で数百人の感染者が想定される

重度の神経侵襲性疾患につながる感染症は約 1% にすぎないため、ドイツでは数百件の感染症が認識されず、軽度の経過のために登録されなかったと考えられます。 これまでのところ、ベルリンを含むドイツ中部東部が特に影響を受けており、感染は主に 7月中旬と9月中旬. RKI の「Epidemiological Bulletin」によると、特に暑い夏の間は、年々感染地域が拡大する可能性があります。

ハンブルグにあるベルンハルト ノクト熱帯医学研究所 (BNITM) のヨナス シュミット チャナシット氏は、「実験室では、気温が高いほど蚊のウイルスがより速く増殖できることを示すことができます。地球温暖化との明確な因果関係があります」と述べています。

それに加えて 熱帯および亜熱帯の蚊の種は、ドイツでますますくつろいでいます。. ライプニッツ農業景観研究センター (Zalf) とフリードリッヒ・レフラー研究所 (FLI) の専門家が、これらの新参者の出現を記録しています。 「2007 年以来、ドイツに定住した 5 つの新しい蚊の種を検出しました」と、FLI の感染医学研究所の Helge Kampen は述べています。

ウイルスキャリアとしての蚊

病原体のキャリアとは見なされない 2 つの種に加えて、これらは アジアトラモスキート (ヒトスジシマカ) だけでなく、 日本と韓国のヤブ蚊 (ヒトスジシマカとヒトスジシマカ)。 「ニホンヤブ蚊は 2008 年以来、大規模に広がっています。現在、ドイツ南部のほぼ全域に広がり、さらに北に浸透しています。」

ブッシュ蚊は、実験室でのテストで示されているように、病原体を媒介する可能性があります。 「しかし、彼らはまだ野生のキャリアとして注目されていません」とカンペンは言います. 一方、アジアのトラ蚊は、多くのウイルスを効果的に媒介します。ドイツでは、まだ感染例は確認されていません。

私たちの在来種の蚊からではなく、蚊から来る危険な病原体の中で ネッタイシマカ 転送可能数 ジカウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス. 「これら 3 つのウイルスは、近隣諸国を含むヨーロッパですでに人への感染を引き起こしています」とシュミット チャナシットは説明します。 たとえば、南フランスでは、そこに生息するトラ蚊によるジカ熱の感染がすでにいくつか報告されています。

在来の蚊とは異なり、この動物は植木鉢の受け皿などの小さな貯水池を使用することが多く、特に大都市などの都市環境でよく見られます。 たとえば、最近、アジアのトラ蚊がベルリンの農園で再び検出されました。 上院保健局によると、最終的な和解が懸念されています。 トラ蚊と同様に、専門家はこの 2 種のヤブ蚊もドイツでは根絶できないと考えています。

マダニは病原性微生物を伝染させます

世界で 2 番目に感染率が高い マダニは病原性微生物を人間に感染させます – ヨーロッパでは、蚊よりも大きいです。 また、地球温暖化の過程で、危険な病気を媒介するダニの種も移動しています。 たとえば、元々は主にアフリカ、アジア、南ヨーロッパの乾燥および半乾燥地域に自生する ヒアロムダニ (Hyalomma rufipes)。

最大 2 cm の巨大なマダニは、穏やかな冬を利用して、次のような感染症にかかる可能性があります。 クリミア・コンゴ熱マダニによる紅斑熱 乗り換え。 ホーエンハイム大学の分析によると、ドイツで発見されたヒアロマダニのほぼ 2 匹に 1 匹が、マダニ媒介性紅斑熱病原体を保有しています。 2019年から疑わしい症例がこれまでに記録されており、ノルトライン・ヴェストファーレン出身の男性がヒアロマダニに噛まれた後に紅斑熱に感染した可能性が高い. 生命を脅かす出血に関連している可能性があるクリミア・コンゴ熱の病原体を運ぶマダニは、ドイツではまだ発見されていません。

移民種と病原体により、ドイツは病気の新しい波に脅かされています。 「私たちを悩ませている 2 つの要因があります。1 つはグローバル化であり、もう 1 つは地球温暖化です。」と専門家の FLI カンペンは述べています。世界的な輸送や旅行中に、多くの病原体や媒介生物が以前は生息していなかった地域に輸送されます。

一部のワクチンはまだ開発中です

サル痘やコロナウイルスなどの人獣共通感染症のウイルスも、商品の取引や旅行を通じてより簡単に広がると、シュミット・チャナシット氏は説明します。 これらの病原体に対する地球温暖化の影響は、まだ議論中です。

ジカウイルスなどの病原体に対するワクチンは、ほとんどまだ利用できません。 それらはもちろん開発中です、と Schmidt-Chanasit は言います。 「しかし、今後2、3年でチクングニアウイルスとジカウイルスのワクチンが認可されるとは思いません。」 したがって、ドイツでは蚊の駆除を専門化することが重要です。 「他の昆虫に害を与えることなく、的を絞った持続可能な蚊の駆除が必要です。」

健康に関する注意事項をお読みください。

** でマークされた ** または オレンジの下線 供給元へのリンクの一部はアフィリエイト リンクです。ここで購入すると、Utopia.de を積極的にサポートしていることになります。 詳しくは。

この投稿が気に入りましたか?

投票ありがとうございます!

キーワード: ニュース

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。