ここ数年、日本の学生数は100万人減少

日本では小中学校の生徒数がうるさい 日本政府データ 2020年は前年に比べ減少。 過去 10 年間で、総数は約 100 万から 956 万に減少しました。

346 の自治体では、この数は過去 10 年間で 30% 以上も減少しています。 このデータは、日本の人口の高齢化が加速度的に進んでいることを再び明確に示しています。 日本では出生率の低下に伴い、学生数は今後も減少し続けると予想されています。

地方の多くの学校が閉鎖されました

全国の初等中等学校の数は 29,793 で、特に農村部でより多くの学校が閉鎖されたため、3,000 から減少しました。

教育省の調査には、公立、市立、私立の学校が含まれています。 日本では小学校と中学校は義務教育です。

福島県大熊市が一番落ち込みました。 その数は過去 10 年間で 99% 減少しました。

これは、2011 年の地震と津波によって引き起こされた、市内の福島第一発電所での原子力災害後の地域の避難によるものでした。

奈良県上北山村では就学率が81%、群馬県南牧村では65%、長野県大多喜では64%の減少となった。

ただし、都市部が多い237市町村と大阪府、愛知県、福岡県では微増。

都市部での学生の増加

特に郊外の町、大都市、および子供がいる世帯を支援するための対策を講じているコミュニティで、増加が報告されています。 しかし、それは都市部への人口集中も浮き彫りにしています。

例えば、石川県野々市市では2割増の4842人、長野県南箕輪村では6割増の1501人。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です