「I Love Japan」展は9月末まであなたを日本の旅へと誘います

4月2日から万博」I love Japan: 日本の1001の顔ヨーロッパ博覧会と日本の多様性を捉えようとする「センター・フォー・ジャパニーズ・スタディーズ」が主催する展示会です。

1,500 平方メートルを超える広さで、9 月 30 日までヨーロッパの中心である日本を旅行することができます。

食べ物、宗教、ポップカルチャー

「I Love Japan」展では、さまざまなトピックが取り上げられています。 特に、イベントのサブタイトルである「日本の1001の側面」は、本当にすべてを物語っています.

主催者は、彼らの展示が訪問者に日本についてできるだけ多くの視点を提供することを望んでいます。 個々のドメインはそれに応じて色付けされています。

展示品の中には、武士の甲冑、着物、ロリータ ドレス、スロット マシン、ゴジラのフィギュアなどがあります。 もちろん、アニメやマンガも重要な役割を果たしています。

おすすめの編集コンテンツ

この時点で、記事を補足する YouTube の外部コンテンツが見つかります。 ワンクリックで表示・非表示ができます。

外部コンテンツが表示されることに同意します。 これにより、個人データをサードパーティのプラットフォームに送信できます。 当社のプライバシー ポリシーの詳細をご覧ください。

コンテンツを読み込む

開館時間と入館料

展覧会「I love Japan: The 1001 Facets of Japan」は、平日の午前 10 時から午後 7 時まで開催されています。 現地のチケットオフィスは午後5時30分まで営業しています。

入場料は大人 15 ユーロ、65 歳以上の高齢者 13 ユーロ、子供 9 ユーロです。 大人 2 名と子供 2 名のファミリー チケットは 43 ユーロです。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。