「(東)スイス人と日本人には、多くの人が一見すると思うよりも多くの共通点がある」

漫画、柔道、折り紙以外にも日本の文化はたくさんあります。 9 月 4 日(日)午前 10 時からロクレミセで Wiler Japanfest が開催されます。 スイス・日本文化協会ヤマトの会計担当クリストフ・ランパート・フジイが、将来の停電を防ぐ方法と、彼が特に楽しみにしていることを明らかにします。

3週間で大変です。 準備は予定通り進んでいますか?

はい。 全体として、組織に関する問題はほとんど残っていません。 9 月 4 日(日)午前 10 時に Lokremise で開催される Wiler Japanfest の準備が整うと確信しています。

しかし、計画には3年かかりました。 本来なら2020年9月に第3回のWiler Japanfestを開催する予定だったのですが、コロナの影響で開催できなくなりました。 もちろん、出展者の 80% 以上が次のイベント、つまり現在のイベントに登録し続けることに同意したという事実は、私たちにとって物事を容易にしました。 Wiler Japanfest はすでに 2 回成功裏に開催されているため、ますます多くの出展者がフリー スタンドがまだあるかどうかを問い合わせています。

それで、あなたは完全ですか?

はい、ロクレミセでは 30 の市場の屋台が最大であるため、外の天気が悪い場合は人々も自由に動き回りたいと考えています。 もちろん、外にいくつか屋台を出すスペースがあったでしょう。 しかし、雨が降る可能性があり、Wiler Japan FestivalがLokremiseで開催されていたため、ほとんどの出展者が外に出ることを望んでいませんでした.

コロナ禍の中、どのように計画を立てましたか?

パンデミックは、特にこの春に対策が解除されるまで、すでに多くの計画を妨げています. 長い間、パンデミックがどのように進行するかわかりませんでした。また、9 月の初めに再び最小距離を守らなければならない可能性があることを常に念頭に置く必要があり、計画が複雑になりました。

その好例が、日本からのスター ゲストである、世界クラスの 3D ラテ アーティストである加藤るな氏の関与です。 ヨーロッパでの初登場を可能にするために、私たちは3年間集中的な交渉を行ってきました。 彼女は望んでいた、私たちは望んでいた-しかし、日本のコロナ規制のために、彼女が問題なく日本に帰国できるかどうかは長い間確信が持てなかった. 今はすべて問題ないようです。 飛行機のチケットとホテルは予約済みです。すべてがうまくいくことを願っています。

ワイラージャパンフェスティバルは3回目。 今日、どのような経験を信頼できますか?

ヴィルで開催された最初の 2 つのジャパン フェスティバルには、多くの参加者がありました。 ただし、入場無料、カウント入場は行っておりませんので、実際の入場者数を推測することは困難です。 しかし、私たちはほぼ 24 時間「キャビンがいっぱい」のように感じました。 出展者はこれまでのところ、大多数がこのフェスティバルに非常に満足しています。

正午頃の 2 番目のパスで電気に問題がありました。多くの食品ベンダーが単に多くの誘導コンロを持ってきたためです。これは予想外であり、停電につながりました。 私たちはそれらを制御しましたが、事件からも学びました。 そこで今回は、出展者の皆様に事前に電化製品の登録をお願いしております。 これをもとに、スタンドリストとプランを作成しました。 これについては、Wil の技術会社と話し合っています。 彼らは、電力を注文したすべての出展者に十分な電力があることを保証します。 登録台数以上の接続を確保するため、開場前に全ブースの再確認を行います。

特に楽しみにしているハイライトは何ですか?

スターゲストの加藤るなさんの登場は、まさに一生に一度の体験です。 ここを通り過ぎなければ、彼女がどのように作品を制作するかをライブで見るために、将来また東京を訪れる必要があります。 彼女がインターネットで何をしているのか知りたい場合は、加藤ルナまたは彼女の芸名ルナポケットをグーグルで検索できます.たとえば、Instagramにはたくさんの写真やビデオがあります.

太鼓団、日本民俗舞踊団、日本女声合唱団も出演し、武道のデモンストレーションも行われます。 日本に関する会議があります。 自分でクリエイティブになりたい方は、さまざまなワークショップに無料で参加できます。

大変うれしかったのは、在ベルン日本大使の社来石浩二郎氏がヴィルのジャパンフェスティバルを訪れ、11時の公式オープニングでスピーチを行ったことです。 ヴィルス市長のハンス・マダーも歓迎のメッセージを伝えます。 これは、スイス日本文化協会ヤマトの活動も公式に認められたことを示しており、ウィルの小さな協会として非常に嬉しく思います。

でも、文化や政治はお祭りの一面に過ぎませんよね?

当然。 午前 11 時の公式スピーチのため、ほとんどの人はおそらく来ないでしょうが、他の場所では手に入らない美しいものを体験したり、見たり、購入したりしたいからです。 リーズナブルな価格で提供される幅広い日本料理を利用したいからかもしれません。 それは私たちにとって重要です。 家族みんなで楽しめる文化祭を低価格で提供したいから。 入場料が 1 フランもかからなかったという事実は、私たちの誇りです。 スイスには同様のイベントがあり、個人は 1 日入場料として約 30 フランを支払わなければならないため、これは明らかではありません。

ここでも日本の文化を根付かせることがなぜ重要なのですか?

日本文化をここに定着させたいですか? (東)スイスと日本には、多くの人が一見して考えるよりも多くの共通点があると私は考える傾向があります. 両国の人々は礼儀正しく、野心的で、時間厳守で、見知らぬ人に対しては最初は少し控えめかもしれませんが、内心では好奇心が旺盛で、外部の衝動に対してオープンです。

文化と料理の面では、日本はすでに多くのスイスのサロンで足場を築いています。 若い世代の間では、アニメ、マンガ、コスプレへの関心が高い。 アスリートは柔道や空手などの日本の武道にふける。 生け花、書道、折り紙などの趣味を実践する人もいます。

スーパーも日本食が充実。 寿司やお好み焼きなどの料理を体験できる料理教室や料理教室がたくさんあります。 これらは満たすのに適した条件です。 最近は誰もが日本のことを知っています。 日本についてもっと知りたいと思っている人なら誰でも、第 3 回ワイラー ジャパンフェストにぴったりの場所にいるはずです。

たとえば、なぜそのようなフェスティバルをヴィンタートゥールではなくヴィルで開催するのですか?

質問は正当です。 2016 年の最初の実装の後でも、このようなものを他の場所で組織することを想像できるかどうかを知りたいというリクエストが寄せられたからです。 答えは非常に簡単です。いいえ。 私たち、スイス日本文化協会大和はヴィラー協会であり、修道院長の街で日本祭を開催し、このようなことがここでも成功することを示したかっただけです。 素晴らしいパーティーを開くために、必ずしも大都市に行く必要はありません。 自分を信じて、何かを軌道に乗せようとするだけです。」

スイス日本文化協会やまと

スイスと日本の文化協会ヤマトは、2014 年にウィルのリンデンホフ レストランで 16 人のメンバーによって設立され、現在は 16 歳から 94 歳までの 85 人のメンバーがいます。 文化の架け橋を築き、魅力的なものを体験し、すべての人々の「大いなる調和」に貢献すること、それが協会の目的であり心です。 スイスと日本の文化協会やまとは、異文化間の対話と協力のための理想的なプラットフォームを提供しています。 現在までに、やまとは 80 以上のイベントを主催または積極的に参加してきました。 情報: www.yamato-kultur.ch (赤)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。